ソリューション

  • 旧OSでしか動作しないアプリを継続使用したい
  • 旧OSを安全に社内LANに接続したい

サポートが終了(予定)するWindows OSアプリケーションを
安全に社内LANに接続、継続して利用可能!


安心と安全

セキュア仮想化技術で旧OSを完全に隔離
旧OSからは特定のサーバー/特定のポートにのみ接続可
社内LANと旧OSの通信は専用APIで中継

旧OSを変更したくない/できない理由

「セキュア・レスキュー for レガシー」のしくみ

  • セキュア仮想化技術(LynxSECURE)により旧OSを隔離、任意のTCP通信をLinuxで中継
  • 社内LANからは旧OSの存在を認識できないため、LinuxのPCが接続されているように見えます。

「セキュア・レスキュー for レガシー」の特徴

  • Windows XP専用のアプリケーションは、XPをベースにしたマイクロソフト社のWindows Embedded Standard 2009を使用します。
  • Windows 7専用のアプリケーションは、7をベースにしたマイクロソフト社のWindows Embedded Standard 7を使用します。
  • セキュア仮想化技術(LynxSECURE)により旧OSへの攻撃を防ぎます
  • 旧OSからは特定のサーバ、特定のポートにしか接続できません

前提条件

  1. LynxSECURE導入済みハードウェアでご提供いたします。
  2. 既存アプリケーションの移行作業(インストール作業など)や稼働確認はお客様での実施となります。
  3. 移行作業や稼働確認などを別途有償でご支援することもできます。
  4. 一部の通信プロトコルは別途対応が必要な場合があります。
※Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。


お問い合わせ・資料請求についてはこちら