LynxSECUREとは

"隔離"と"遮断"

全機能を1つのOS上で動作させるのではなく、LynxSECUREで"隔離"したハードウェアの領域内で複数のOSを起動し、その上で各ソフトウェアを実行する。
仮に、OSやプログラムの脆弱性を突かれたとしても、被害を領域内だけにとどめ、被害の拡大を"遮断"する。

4つの特長

「サイバー攻撃」の被害を拡大させない

「サイバー攻撃」を防ぐ

ユーザー操作による「設定変更」を許さない

各ドメイン間は、安全にやり取りが可能